FARM KANNAN
ファーム カンナン
RIVASAS CORPORATION
FARM KANNAN
ファーム カンナン
RIVASAS CORPORATION
Copyright(c)2011 Rivasas Corporation. All Right reserved.
立てばシャクヤク 座ればボタン・・・
美人の姿を形容する言葉としてあまりにも有名ですが、これはこれら両者の花の美しさから来ています。
さて、貴方はこれらの花の区別ができますか?
シャクヤク(芍薬)は、高さ60cm前後、根茎は固く肥大化し、茎は株立ちで枝分かれせず、冬は枯れる耐寒性の多年草で、5月に大輪の美しい花を咲かせます。中国、北朝鮮、シベリアが原産地で、初めは薬用として栽培されていましたが、花の美しさから観賞用の栽培が主になりました。日本には平安時代以前に渡来していたようです。

ボタン(牡丹)は、落葉低木で、高さは1m前後、枝うちは粗く、幹は粗こうで折れやすい。4月に新枝の先端に大輪の美しい花を咲かせます。根の皮を干したものが薬用として用いられます。原産は中国で、日本には奈良時代に薬用として渡来したようですが、花の美しさから観賞用としての栽培が盛んになりました。

花は良く似て区別しにくいですが、シャクヤクは多年草で、ボタンは木と覚えましょう。
4月に咲くのがボタンで、遅れて5月に咲くのがシャクヤクと覚えるのもいいでしょう。
(注: 咲く時期の4月、5月は関西を基準に書いています。色はいずれも白や赤が主。)
シャクヤク
ボタン
c40b0052.jpg